大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学サポート案内 > 合格者インタビュー

海外大学院 合格者インタビュー



海外大学院 合格者インタビュー ここでは見事海外の有名大学院に合格された方のインタビューを掲載しています。
横井?佐智子さん(YOKOI Sachiko) 【合格スクール】University of London, Queen Mary, University of Sussex, University of Leeds, Birmingham University (UK)
【専攻】  Marketing 【職業】某フェアトレード会社
今回インタビューにご協力頂きました横井さんは、フェアトレードの会社で長年国際開発に貢献されてきています。そんな横井さんが今回マーケティングというビジネスの学位で大学院留学を決意されました。まずは留学を思い立ったきっかけからお話を伺いました。
今回大学院留学を目指されたきっかけから伺っても宜しいですか?
大学時代から留学に関しては興味があったんですが、結局留学をしないまま就職をしたので、ずっと海外に出てみたいという想いはありました。

今度は職歴を積む中で、フェアトレードという事で輸入業を業務として行っていたんですが、主にアジアの方とのやり取りを行う中で伝えたい事が思うように伝えられないもどかしさや、交渉などの言語能力の必要性を感じたという事で更に海外への想いが膨らみましたね。

今日本は商品を買う側、いわばお客様なので下手な英語を使っていても輸入は出来るんですが、今後新興国の中でも富裕層が増えてきて日本の物を買ってもらう立場になっていった時に対等に話せるスキルがより必要になってくると思うんですよね。

そういった経緯から大学院留学を考えるようになりました。
実際に大学院留学のご準備はどのように始められましたか?
まずは大学院留学自体可能なのかという部分が半信半疑だったのである留学サポート会社に相談に行ったら、1年間語学学校に通わないと無理と言われて、費用的な部分も考えてやっぱり無理なのかな〜と若干諦めかけていたんですよね、、

そんな時にこちらのセミナーをwebで見かけて参加してみたら、直接入学も目指せる可能性があるという事が分かって、それから本格的に目指す事に決めて4月位から準備を始めました。
大学院留学を考えられた時に、既に専攻は決められていらっしゃいましたか?
MBAとMarketingで迷い実際に両方の学校をご紹介いただきましたが、MBAはやはり分野的に広すぎましたし、実際経営に関しての興味もそこまでなかったので、今までの仕事の中でMarketingスキルの不足を感じていた事もあって、そこを集中的に学べるコースに決めました。

実は大学院留学を考える前に、色々今後のキャリアを考えて転職や資格取得を考えた時期もあったんですね。その中でアメリカ会計士資格の勉強なども少ししてみたんですが、会計や財務分野よりもMarketing分野の方が興味を持って勉強出来たんですよね。
そういった経験も専攻を検討する時の材料になりましたね。
そういった経緯から実際にご準備を進められる中で、ご苦労された部分はどういった部分でしたか?
結構業務内容が重かったんで、自分の後任を育ててからじゃないと辞められなかったので、会社には合格の目途が立たない段階で意思を伝えていたんですね。

後任も育てながら業務をこなし、かつ大学院の準備をしなければいけないという事で、、目に見えないプレッシャーが凄く大きくて(笑)、精神的に大変でした。

IELTSって土日受験じゃないですか、会社が1カ月に1回しか土曜日の休みが取れなかったので、受験日程を確保する事自体がまず大変という状況でした(笑)。かろうじて3回受けて、進学できるスコアを取りましたけどね。

事務手続きや書類などはお任せできる部分も多かったので、英語の勉強時間とテストを受験する時間の確保を苦労しながら準備しました。
出願校、進学校選びはどの様な基準で行われましたか?
まず資金面で1年で卒業できるコースが良かったのでイギリスに行こうとは考えていて、
専攻をMarketingに決めてからはご紹介いただいたコースの中で、よりコース内容がより実務に則している、興味の持てるコースに出願しました。

会社には辞めると伝えてしまっていたので、確実に進学したいという気持ちが強くて、最終的には合格が得られているコースの中でその時に持っているIELTSスコアで事前の語学コースから入学を認めてくれたコースに進学を決めました。
大学院留学に興味を持たれている方、目指されている方へのメッセージをお願出来ますか?
当初私がそうだったんですけど、大学院留学は一部の一流大学を出たお金持ちの方や帰国子女の方だけの事かな、と思っていたんですよね、、ただ知っていくと色々な選択肢があって資金面や英語力に関しても自分の状況にあったものを選べるので、迷っている方はあきらめずにチャレンジされてみてもいいのかなと思います。

それこそ円高がこのまま続くとは思わないので、ある意味今がチャンスだと思うので、、(笑)。
渡航を間近に控えられて、今の心境は如何でしょうか?
受かった時は凄くうれしかったんですが、今は大学院の授業についていけるかの不安が大きいです。

英語面で事前の英語コースに行く事にはなったんですが、逆にそれが今では本当に良かったと思っています。
もしスコアが出ていても行きたいと思ったでしょうね(笑)。
最後に今後の抱負を伺えますか?
まだあまりきちんと考えられていないんですが、、

前職の仕事が、新興国の良い商品を売る事によって経済発展を支援していくという業務だったんですね。その中で本当に良い商品が世の中に出ずに埋もれてしまっているという状況を目にしてきたので、そういった商品たちを学んだ知識を活かして世の中に伝えていく仕事が出来ればと思っています。

出来れば今後は日本の良い商品を海外に伝えていくという事も取り組んで、日本を応援出来る様にもしたいですね!

【横井さんこの度はご出発前に貴重なお時間ご協力頂きまして誠にありがとうございました】
>>Topへ

>>大学院留学コンサルティングトップへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト