大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学サポート案内 > 合格者インタビュー

海外大学院 合格者インタビュー



今回インタビューにご協力頂きました中村泉美さんは、某観光ホテルにて6年以上のキャリアを持っています。そんなキャリアウーマンの中村さんがいったいどのような経緯で大学院留学を決断されたのか、今回はそういったところからお話を伺いました。
 
まずは大学院留学のきっかけから教えていただいても宜しいですか?
もともと英語には興味があって学部時代も英文科だったんですね。

その後ホテルで働いたんですが、その中で今までこういった分野に関してきちんと学んだ事がなかったので、ホテル学ですとか観光学ですとかそういった勉強をきちんとして更にキャリアアップを目指したいという想いが出てきました。 そうした中で、6年半働いたのでそろそろそういったステップに進んでもいい時期かな、、と思ったのがきっかけですかね。
専攻は観光学ということですが、、
最初は今の仕事に直結するホテルマネージメントやイベント企画などで専攻を見せていただいていたのですが、帰国後ホテルだけではなくてもっと幅広い選択肢が持てるように最終的にはもうちょっと範囲を広げて観光学にしました。
今回進学はオーストラリアと言うことですが、最初から決めていらっしゃったんですか?
特にはじめからオーストラリアにこだわっていたわけではなく、自分の学びたいことがきちんと学べる大学を選びたいと思っていました。学校選びの相談をさせていただいた際に、「観光学を学ぶならオーストラリアが一番すすんでいる」というアドバイスを伺い、最終的にオーストラリアの大学になりました。
学校はどのように決められましたか?
自分の学びたいことを一番に考え、最終的にオーストラリアの大学3校に出願をしました。第一希望であったモナッシュ大学からはじめに合格をいただいたので迷うことなく決めました。
では、留学準備全て終えてみて何が一番ご苦労されましたか?
仕事をしながらの英語の勉強が一番大変でしたが、出願の手続き等はほとんどお手伝いして頂いてしまったのでそんなに苦労したという感じはなかったですね。
今、オーストラリアの条件付入学を得られた方から『英語力が足りず入学できなった』とか『英語が出なかった場合の事が不安』というご相談を多く頂くのですが、中村さんも最初は条件付合格を取られたということですよね? 条件付合格を得られてからの経過を教えていただいても宜しいですか?
モナッシュ大学には付属の語学学校があり、IELTS対策コースというのがあります。当初から、今のスコアを踏まえて、どの位の期間そのコースに通えばスコアが出るかというのを大学側に伺っていただいていたので、まぁ、時間はかかったとしても入れないってことはないだろうっていう気持ちがありました。そんなに不安っていうのはなかったですね。

実際、合格をしてからそのIELTSの対策コースに5週間だけ通いました。 今までまったくオーストラリアに行ったことがなかったので、学校の下見も兼ねて。その後マスターの前のブリッジンク゛コースの入学条件を満たすスコアをとりましたのでこれからブリッジングコースを受け、マスターにすすむ予定です。
IELTSの対策コースに入る為にもスコアは必要だと思いますが、その英語力はお仕事しながらつけられたのですか?
そうですね、
大学を卒業してからは英語から離れてしまっていたので、仕事上外国人のお客様とお話しする機会などはありましたがきちんと勉強っていうのはなかなか出来なくて、、こちらに初めて伺った時期くらいから徐々に始めたっていう感じなので1年くらいですかね。

仕事の日はなかなか時間が取れないので、休みの日とか、IELTS試験前の1ヶ月とか集中して勉強したという感じです。
留学を考えられて、最初からエージェントのサポートは受けられようと思っていましたか?
最初は大学のころから留学をしたいと思っていて、留学が出来ればワーキングホリデイとかでもいいかなって思ってたんですけど、これからの事を考えた時にやっぱりきちんと形の残る留学をしたいって思うようになったんですね。

そうなると、学ぶ内容も自分が本当に学びたいものが良いし、学校も自分にとって本当によい環境の学校が良いし・・と考えたときに学校選びのプロの方に相談するのが一番かなと考えるようになりました。そんな時ホームページでこちらを見つけ、説明会に参加しました。

説明会でのお話の内容やスタッフの方の姿勢がとてもよかったので、その後個別カウンセリングに伺いさらに詳しいお話を伺いました。 個別カウンセリングではスタッフの方がひとりひとりの方にとても親身になって、丁寧にサポートされているという印象を受けました。特に、その際担当をしてくださったカウンセラーさんがとても親切にお話をしてくださったことがお世話になる決め手でした。
サポートを受けてみて良かった所、悪かった所などあれば教えていただけますか?

担当のカウンセラーさんがほんとに最後の最後までケアしてくださったので、安心してお任せできました。

やっぱり自分だけでは出てこない選択肢をみることができたり、何か問題が発生した時に頼れるところがあるっていうのは本当に心強かったです。

例えば5週間の語学研修の際にホームステイの手配をしていただいたのですが、ホストファミリーと会わない場合には我慢しないで連絡してくださいね、と言って頂いていたので出発前気持ちがすごく楽になりました。

これからマスターにいってもご相談できるところがあるっていうのはすごく安心です。 なにより仕事をしながらの準備だったので手続き関係はお任せしてしまって英語に集中できたっていうのが大きいですね。本来時間さえあればこれからの自分の為にもなるので、自分ですべてするほうが本当はいいのでしょうけど・・。

これからの豊富についてお聞かせいただけますか?
最終的には日本に帰国し、学んできたことを活かせるような仕事ができたらと思っています。
では、最後にこちらを読んでいただいている現在大学院留学を検討されている方にメッセージやアドバイスをお願い致します・

偉そうな事を言えるような立場ではないのですが・・・・そうですね、自分は大学生のときから一度は留学をしてみたいという気持ちをずっと思っていました。実際、仕事も楽しくてなかなか実現できなかったんですが、ずっともち続けていた気持ちをあきらめて後で後悔するのは嫌だなと思って決心しました。同じ気持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。みなさんも後悔をされないような決心をしてください。

【中村さんご協力ありがとうございました!】

 
>>Topへ

>>大学院留学コンサルティングトップへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト