大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学サポート案内 > 合格者インタビュー

海外大学院 合格者インタビュー



海外大学院 合格者インタビュー ここでは見事海外の有名大学院に合格された方のインタビューを掲載しています。
清塚 祐子 (Kiyozuka Yuko) 合格スクール Aston Business School, University of Leeds, University of Liverpool 専攻 MBA (Master of Business Administration), 職業 某商社勤務,
今回大学院留学生としてインタビューにご協力頂きました方は、某商社勤務の清塚祐子さんです。清塚さんは食品関係を扱う商社で販売促進、海外営業、商品企画・開発と様々な業務を行っております。そんな清塚さんがMBA留学を目指したきっかけから伺いました。
 
1.ではまず今回の大学院留学のきっかけからお伺いしても宜しいですか?
大学2年生のときに半年間カナダに留学したのですが、当時からいつか長期で留学したいと思っていました。

その後大学4年生のときに就職か大学院留学かで悩んだのですが、大学院留学をするための具体的なプランが作れなったというか、、、何を勉強したいかっていうことが決められなかったんです。なのでまずは社会に出てやりたいことを探そうと思いました。そのため仕事を選ぶときもいろいろ仕事ができる総合職を選びました。就職後希望していた通り販売促進、新商品開発、マーケティングといろいろな仕事をさせてもらって、その中でもマーケティングを専門にしたいと思うようになりました。仕事も6年間してそれなりに達成感も出たのでそろそろ大学院留学を、と思いました。
2.今、マーケティングという専門分野が出ましたが、今回の専攻はマーケティング専攻ですか?
今回はMBAを専攻しています。当初は、MS. Marketingを専攻しようと思いましたが、こちらのカウンセラーの方からMS. MarketingとMBAのそれぞれの概要を教えて頂いたところ、留学後にマーケティングを専門にしながら経営に携れる仕事がしたい私にとっては、経営学が幅広く学べるMBAの方が合っていると思い、MBAを選ぶことにしました。今回はMBAの中でも副専攻でMarketingが選べるコースを選びました。
3.大学院卒業後のキャリアをお聞かせ願えますか?
そうですね、やはり前職を活かした形で就職したいので、食品関連商品を扱う商社マーケティングの専門家として経営にも携る仕事がしたいと思っています。
4.今回イギリスの大学院を選ばれていますが、最初から留学先はイギリスでご検討されていらっしゃったんですか?
最初はカナダを希望していました。留学経験もありましたし一年間で終了するMBAコースもありましたのでいいかなと、、実はイギリスという選択肢は最初はありませんでした。

その後カナダの大学院はGMATが必要だったり一年以上かかるコースが多いと知りヨーロッパに目を向けるようになりました。イギリスは一年間で終了するMBAがほとんどなので詳しく学校やコース、環境などビジネススクールを調べ希望に合っていたのでイギリスを検討するようになりました。
5.出願校はどのように選ばれたんですか?
コースに関しては、プログラムの評判が良く、マーケティングが副専攻で選べるMBAコースを紹介してもらいました。またロケーションは、「ロンドン以外の都市で、あまりロンドンから遠すぎない場所」が希望だったので、それでさらに絞れました。さらに時間の制約上、GMATの勉強をする時間がなかったので、GMATなしのコースに絞りました。
6.今回は3校合格されていますがどのように進学校を選ばれんたんですか?
リーズ、アストン、リバプールに受かったんですが、まずリバプールはビジネス系以外の学位で有名のようだったので最初に省きました。その後リーズとアストンで迷ったのですが、最初はロケーションと環境の問題でリーズにしようと思っていたんですが、、、その後イギリス在住の方にリーズは田舎過ぎるからやめたほうがいいとアドバイスをもらい、最終的にはバーミンガムにあるアストンに決めました。
7.ご準備で一番ご苦労されたことは何ですか?
私の場合はエッセイでした。実は最初のドラフトを提出したときにライティング担当の方にかなりきつくカツを入れられました、、こんなのじゃダメ、全く伝わりません、みたいなことを言われてかなり落ち込みました、、。ただやはり他人の目からみて伝わっていないのであれば伝わっていないんだな、と思いました。時間がかかったのは、自分のキャリアゴールが明確になっていなかったのが原因でした。何度も「本当の私のキャリアゴールって何?人生で欲しいものって?」と自分自身に問いかけ、何度も書き直し添削されるうちに形になってきました。

【エッセイ作成まではどれくらいかかりましたか?】
エッセイを書き始めたのが2月ころで、日本語版でOKが出たのが4月の終わりころでしたので3ヶ月はかかりました。その後2~3日で英訳をし、ネイティブチェックをしてもらい結局完成は5月になってからでした。
8.IELTSは7.0取得していると聞いていますが、どのくらいの期間勉強されたんですか?
そうですね、、、エッセイが終わってからなので6月くらいからだったと思います。

【どのように勉強されたんですか?】
問題集を一冊買って解いてみたのですが、リーディングとリスニングは問題ないと思ったので勉強しませんでした。リスニングはカナダの留学経験が残っていたので問題なかったのだと思います。リーティングは仕事で法律関連の文章を読んだり書いたりすることがあったのでそれでいつの間にか力が付いていたのだと思います。なのでライティングとスピーキングのみ勉強しました。具体的にはライティングは書くしかないと思いましたので、沢山書きました。時間内に手書きで書くというのが慣れないことで難しかったので、問題を読んでひたすら書く練習をしました。

ただエッセイなど書類提出が6月に終わってIELTSの勉強を始めて、IELTSを予約しようといたら7月くらいで、そのテストが今年留学するのであれば最終だったので一回目のテストでとれてよかったです。 。
9.留学をしようと思ってから留学エージェントは最初から利用しようと思っていましたか?

仕事が忙しく準備をする時間がなかったので、留学エージェントは利用しようと思っていました。

私は2008年9月に必ず留学したかったので、仕事をしながらだとタイムスケジュールなどもなかなか難しいのでそれをやっていただいたほうが確実だと留学エージェントを探していました

【私どもを選んで頂いたのはどういった理由からですか?】
いろいろな留学エージェント調べて一つ思ったのは、ただ有名な大学院に入れるのが目的ではなく、しっかりと私の意見を聞いてくれて、個人を尊重してくれるところが自分にとって良いということでした。

こちらのカウンセラーの方とお話をしたところ、トップ校に執着せず、自分の適性に合った留学をサポートしてもらえるという雰囲気を感じましたので、こちらに決めました。また他の会社は大学留学をメインにターゲットにしているのかな、、というイメージがあり温度差を感じました。

10.実際にサービスを受けて頂いて良かった点、悪かった点箇所などありましたらお聞かせ願えますか?
そうですね、、やはり書類関係(エッセイ、履歴書、推薦状など)は大きかったと思います。実際自分でやっていたら難しかったかなと、、。また特にここで培ったノウハウは留学後も役に立つと思いますし、とても勉強になりました。書類の書き方については、本やインターネットで調べることはできると思うのですが、自分のケースで直接添削、修正してもらったのは大きかったですね。

【サービスの修正箇所があったらお知らせください】
私の場合は時間がなく書類作成なども時間通りに進めていかなければいけなかったのですが、エッセイなどに時間がかかってしまってタイムスケジュールが少し不安でした。もう少し出願までのタイムスケジュール管理が徹底していたらよかったと思います。
11.現在大学院留学を目指している方にアドバイスなどあればお願いします。

そうですね、、すごく迷っている方も多いと思います、、。
特に、社会人の方だと今のステータスを捨てる決断をすることが一番難しいですよね。 私も前職が好きでしたし、待遇にもそこそこ満足だったので、辞める決断をするのには時間がかかりました。でも、ありきたりですが、人生は一度きりです。ウジウジして決断できず、結果悔いの残る人生なんてつまらない。エイっと決めてしまえさえすれば、その後は意外と簡単です。その一歩、頑張って欲しいです。

12.それでは最後に豊富をお願いします!

卒業後のキャリアももちろん考えなければなりませんが、せっかく時間とお金をかけていくので中途半端になっていた語学力も含め留学中にいろんなことを吸収してきたいと思います。

【清塚様、ご出発直前のお忙しい中ご協力頂きまして誠にありがとうございました!】

>>Topへ

>>大学院留学コンサルティングトップへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト