大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学サポート案内 > 合格者インタビュー

海外大学院 合格者インタビュー



海外大学院 合格者インタビュー ここでは見事海外の有名大学院に合格された方のインタビューを掲載しています。
木内麻里絵さん(KIUCHI Marie)【合格スクール】
University College London, UCL (UK)
University of Manchester (UK)
【専攻】  Urban Economic Development 
【職業】某損害保険会社
今回インタビューにご協力頂きました木内さんは、第一志望校にこだわり開発学で最も知名度の高い学校の一校であるUCLに見事合格されました!社会人である木内さんがどのように大学院留学を思い立ち、準備をし、実現されたかを詳しくお伺い致しました。
1.	今回大学院留学を決めたきっかけからお伺いできますか?
学生の頃から漠然と外国への憧れがあり、大学は海外に進学したかったのですが、周りの反対もあり行けませんでした。それ以来、留学は環境が整ったらいつか実現したい夢でした。

このタイミングで留学を決めたきっかけとなったのは、旅行です。
会社の休暇を利用してバックパック旅行をするようになったのですが、そこで出会ったバックパッカーや現地の人達の自由な発想に感銘を受け、自分も興味を持っていることを思いきりやってみたくなりました。今はもう学生の頃とは違い、行ける状況にありましたので決意しました。
2.	具体的に留学の準備はいつ頃から始められましたか?
去年の5月頃から一人で何となく専攻選びを始めたのですが、留学後の進路のことなどを考えると一人で決めるのには不安があり、8月頃こちらにカウンセリングに伺い、サポートに申し込んだことから本格的に準備が始まりました。

最初に、出願にあたりいつまでに何を終わらせればよいか目標スケジュールを提示して頂けたので、それを意識して出願校の選定や、エッセー等出願に必要な書類の作成、推薦状の依頼などを行っていきました。

留学準備はやることが沢山あるので、事務手続き関連はこちらにお任せして、自分ではエッセー作成や英語の勉強に時間を使うようにしました。
3.	今回は開発学専攻で大学院留学されるご予定ですが、専攻を決めた経緯など伺えますか?
今回は最終的に開発学を選んだんですが、最初は旅行が好きなので、旅行記事を書くような仕事をしたいと思い、ジャーナリズムのコースを探しました。

しかし、ジャーナリズムへの興味が一時的なものである気がして踏み切れませんでした。もともと、学生時代からの自分の関心事は途上国が抱える貧困や紛争の問題だったのです。それは分かっていたのですが、何か全く新しいことを学びたかったので、あえて開発学は外して他の専攻でもう少し検討をすすめてみました。ビジネス系のコースなども出して頂いたのですが、結果どれもしっくり来ず、専攻が決まらない状態が続き焦り始めました。

そこで、開発学系のコースに目を向けてみたのですが、、、やはり自分が関心を持ってきた分野なので引きつけられました。それからは専攻の迷いは無くなり、以前から興味を持っていた開発経済学の分野で探し直しました。回り道をしたようですが、他の選択肢を検討したことで、自分が学びたいものがはっきりしました。もし最初から開発学に決めていたら、わたしの性格からして、勉強に行き詰まったりした時に、「他の専攻にしておけばよかったのではないか」と迷うかもしれないと思ったので、納得いくまで検討したかったのです。

開発経済学は、主に経済学部で開講されているようでしたが、調べた限りではどの学校も出願の前提条件として経済学部の学士を持っていること、または経済の専門的な職歴があることを謳っていましたので、私の場合はどちらも該当しなかったため経済学部への出願は諦めました。そこで経済学部以外の学部で、開発経済学をクラスとして比較的しっかりと学べるコースで且つ出願条件が専門出身者に限定されていないコースがないか探したところ、国際開発や地域振興、都市経済開発に焦点を当てたコースが自分の興味に近いことが分かり、出願を決めました。
4.	どのように進学校を選ばれましたか?
先に述べたようなコースの数は少なかったので志望校は自ずと数校に絞られました。また、わたしは開発の現場経験がないので、なるべく実践的な内容のコースを選びました。特にUCLのコースはフィールドトリップが含まれていることもあり、魅力的でした。
5.	ご準備の中で特に苦労されたことがあれば教えてもらえますか?
わたしの場合専攻選びと出願校の選定段階で悩み随分と目標スケジュールを押してしまったので、年内はかなり焦っていました。

事務手続き関連はこちらにお任せしていたのですが、それでも出遅れた焦りがある中で、日中は仕事をする傍ら、出願に必要な書類の作成や英語の試験対策などを進めていくには気力、体力が必要でした。そんな中、分からないことや不安な点があればこちらで適宜相談にのって頂けて、アドバイス等を頂けたことが大変支えになっていました。もしサポートが無かったら、仕事をしながら出願準備を進めるのは難しかったと思います。
6.	ご準備中どのようにモチベーションを維持されましたか?
エッセーを書くにあたり専攻分野の本を読んでいたのですが、その中で専攻分野への探究心が強まり、院進学へのモチベーションとなりました。

また、わたしは大学院留学を決意した時点で会社に退職の意向を伝えたので、絶対に成功させなくてはいけないというプレッシャーがありました。そのせいで焦ったり苦しくなったこともありましたが、結果的には留学への気持ちを支え続けていたのだと思います。
7.	今後の抱負などお聞かせ頂けますか?
まだ漠然としていますが、留学後は途上国の開発に携わりたいと思っています。なので、留学生活ではいろいろなことを吸収して、学んだことをどう開発に繋げていけるか模索していきたいです。また学問に関わらず、新しいことを沢山吸収して視野を広げたいです。
8.	現在大学院留学を検討されている方へメッセージなどお願いできますか?
社会人になってから留学するとなると、留学後のキャリアや今後の生活のことなど不安も多いと思います。でも、いざ飛び込んでみるとそれなりに道は開けてくるものだと思いますので思い切って挑戦してみるのも悪くないと思います。


【木内さんこの度はご出発前に貴重なお時間ご協力頂きまして誠にありがとうございました】
>>Topへ

>>大学院留学コンサルティングトップへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト