大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学サポート案内 > 合格者インタビュー

海外大学院 合格者インタビュー



海外大学院 合格者インタビュー ここでは見事海外の有名大学院に合格された方のインタビューを掲載しています。
かたおかまゆさん 合格スクール Ohio State University, West Virginia University, Eastern Michigan University 専攻 TESOL(英語教授法)  職業 某公立中学校英語教師
今回インタビューにご協力頂きましたかたおかさんは、実際に公立中学で教壇に立ち英語教師として現在活躍されていらっしゃいます。そんな現役の英語教師である方が今回TESOL(英語教授法)という学位で大学院留学を決意されました。しかもOhio State Universityを含むTESOLでも名高い大学院へ見事合格されました!
 
1、	まずは大学院留学を目指されたきっかけからお伺いしても宜しいですか?
現在中学校で英語教師をしているので、
“生徒たちの質問にもっと答えられるようになりたい”
というのが一番強いですね。

もともと大学時代に交換留学をしたのでその時から将来的にもう一度留学したいという気持ちはありましたが、ちょうど去年から3年間教師として職歴を積んだ後に留学できるチャンスをもらえるような制度ができたので、この機会に是非にチャレンジしてみたいと思ったのがきっかけです。

【専攻は初めからTESOLに決めてらっしゃったのですか?】
そうですね、、具体的にTESOLと決めていたわけではありませんが、キャリアアップのために、、とは考えていたので今の仕事に活きることを学びたいとは決めていました。
今回アメリカの大学院進学と言う事ですが国や学校はどのようにして決められましたか?
大学時代に交換留学をしたり、それ以外にも滞在経験のあるアメリカはやはり英語も慣れていますし、アメリカ英語で学びたいという事もあったので最初から国は北米メインで考えていました。

一応イギリスもご紹介いただいてプログラム内容を比較してみましたが、内容的にもアメリカの方が自分の希望に合っていると感じたので言語の問題・プログラム内容から進学先はアメリカに決めました。

学校に関してはとにかく時間がなかったのでGRE対策は無理だろうと思って、GREを課さない学校に絞ってリサーチして頂き、あとは学校のレベル・留学生の割合・TOEFL要求スコア、あと奨学金制度を持っている学校が希望だったのでその点も含め希望をお伝えし、ご紹介いただいた中から出願校を絞りました。 TOEFLのスコアもまだだったのでGREの勉強をするならTOEFLの対策に時間を割きたかったので、、。

【TOEFLの勉強はどのように進められましたか?】
1年ぐらいしましたかね、、。
ふだんからアシスタントのネイティブとは良く会話をしていたのでリスニングやスピーキングはそれでOKと言う感じで(笑)、、
ただリーディングはまとまった時間があまりとれなかったのでなかなか難しかったです。 最終的に10月のスコアで出願しましたが、トータルで4回〜5回くらい試験を受けましたね。受験料が高くてイタかったですけど、、(笑)
最初のテストは75点ないくらいで、その後徐々に上がって最終的に出したというカンジですね。
今、TOEFLのお話も出てきましたが、大学院留学のご準備で一番ご苦労されたことは何でしたか?
やっぱり、エッセイですかねェ、、。
最初は何を書いたらいいのかもさっぱりわからない状態で、、(笑)
最初にライティング講師の方にお電話で書き方のご説明からして頂いて、、その後も何度も添削を入れて頂いてやっと仕上げました!

あと推薦状も、、上司からの推薦状が必要だったので校長先生にお願いしたんですが、校長先生が英語が不得意だったのでそれもちょっと大変でした。 まず下書きとしてサンプルを送って頂いたんですが、その内容に校長先生が書き加えたい事を加えて、直して、また加えて、、(笑) 何度も手直しを加えてやっとサインが頂けました。

あとは学校の制度を利用させて頂いていくので必ず2009年に行かなきゃいけない!っていう不安も強かったですね、、。
それに関しては状況や不安をお伝えして出願校を決める時にレベルのアドバイスや滑り止め校のご提案なども頂いて、安心して結果を待つことは出来ましたけど、、。
冒頭のお話でもともと大学院留学のご希望はお持ちだったという事でしたが具体的に動き始めたのはいつ頃からでしたか?
え〜と、2007年の夏か秋ぐらいだったかな、、
最初は自分で準備しようと思って、学校を調べてみたり、必要書類を調べてみたりしていました。でも調べれば調べるほど“これ一人じゃ無理だな〜”って思えてきて(笑)、サポート会社をWebで調べ始めたんです。

でも英語力も割とあったし、“そこまでのサポートは必要ないな〜”とかあまり自分の求めているサポートがないな〜と思っている時に大学院留学コンサルティングさんの事を見つけてまさしく探していたサポートだったので資料請求をして、最終的にはお電話カウンセリングでご相談をしてから申し込みました。 丁度お電話カウンセリングを担当してくださったカウンセラーさんがTESOLを取得していたこともあって具体的で有意義なお話が聞けたので“ここなら大丈夫!”と思えました。
お申し込み後、実際にサポートを受けて頂いて良かったこと、悪かったこと、ご感想などお聞かせいただけますか?
やっぱり困ったことがあればすぐに聞けて、的確なアドバイスを頂けるというのが本当に心強かったです。
特に助かった点はやっぱり書類関連ですかね、、サポートがなかったら受かっていなかったと思います!
悪かったこと、、というかちょっと不安だったことは自分で出願手続きをしていないので実際に合格通知を手にするまでは本当に出願をした実感がなかったので、それが少し不安でしたね、、。


【今回ご遠方でのサポートとなりましたがその辺はいかがでしたか?】
申し込み当初はやはり実際に伺ってお会いできないので多少不安はありましたが、サポートが始まってからは全く不安はなくなりました。 不安な点やわからないことなどメールをすると翌日には必ずお答え頂きましたし、どうしても平日は時間がとれなかったので土日にお電話を頂きカウンセリングもして頂けたのでそれは本当に助かりました。
では、出発を8月に控え現在の抱負をお聞かせ頂けますか?
今は仕事に追われてまだ行く実感がわかないんですけど、、(笑)

そうですね、今回幸運にもTAとして学費免除で行けるという事で、現地の学生さんたちに日本語教えるというチャンスももらえたので、是非このチャンスを活かし第2、第3言語を習得する過程についていろいろ学んできたいと思っています。 その前に確実に学位を取ってくることですね(笑)。しっかり卒業しないといけないですよね!
最後に現在大学院留学をご検討中の方に何かメッセージがありましたらお願いします。
私も本当に今でもこの選択が良かったのかと思う事もありますし、迷う気持ちはあります。 でも今しか出来ない事なので是非挑戦したいと思っています!
もし迷っておられる方がいたら、挑戦してもいいんじゃないかな、と思います!
 
>>Topへ

>>大学院留学コンサルティングトップへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト