大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学サポート案内 > 合格者インタビュー

海外大学院 合格者インタビュー



池田範子さん(IkedaNoriko) 合格スクール Southern New Hampshire University, Monash University 専攻 TESOL 職業 創価大学4年生
今回インタビューにご協力頂きました方は、現役創価大学4年生の池田範子さんです。今回の大学院留学が海外長期滞在初体験の池田さんは、将来は小学校などの先生を目指されているようです。
 
まずは大学院留学を考えられたきかっけから教えていただいてもいいですか?
大学院というか留学のきっかけになったのは、小学校の頃に近所の知り合いの方が英会話教室を開いたのでそれをきっかけに英語を学ぶようになって、そこでいろんな国の方と英語で話すのがすごく楽しいなと思ったんですよ。

で、もっとしゃべりたいと純粋に思ったんですよね。あとは漠然と海外に行ってみたいって言うのもありました。(笑)それが留学を考えるようになったきっかけですね。
では、様々な留学形態の中でも大学院留学を選ばれたのはなぜでしょうか。
はじめは大学時代に1年の交換留学とか、語学留学とかを考えていたのですが、“どうせ行くなら英語を学んでくるのではなく、何か学びたい事を英語で学んできた方が良いんじゃないか”と父に言われて、その言葉で大学院留学にしようと決めました。

将来の夢も決まっていたし、折角だからそのキャリアゴールに向けて学んでこれたらいいな、、、と思って。
今、キャリアゴールに関しての話題が出ましたがどういったことを考えていらっしゃるのですか?
その英会話教室の先生の影響もあって、ずっと英語を小さい子に教える先生になりたかったのですが、私が大学に入った頃はまだ小学校では英語の先生は必要なかったので、小学校の先生はあきらめて中高の英語の教員免許を取ろうと思って履修をしていたんですよね、、、

そしたら小学校でも新たに英語の科目が必修として取り入れられるようになったので、是非小学校の教員免許も取りたいと思って、通信過程の児童教育をダブルスクールで履修する事によって取る事が出来たんですよ!
すごく高いモチベーションをお持ちだったんですね。
英語が好きっていうのと、あと学校で教えたいって言う思いが強かったので、、(笑)。 ちゃんと教育実習とかも行きましたよ!それでますます小学校の先生になりたくなりました。
今のお話が専攻選びのところにも繋がってくるかと思いますが、専攻に関しては迷われる事はなかったですか。
TESOLの他にTEFLという専攻があることまではここでお聞きするまで知りませんでしたが、留学した先輩の専攻先とか、あとは自分でもインターネットで調べたりしてTESOLという専攻があることは知っていたので自分にぴったりの専攻はこれだって思って、専攻は迷う事はありませんでしたね。

将来小学校で英語を教えたい自分にとって、今持っている小学校の教員免許+海外で英語の教え方を学んでくる事が出来れば強いな!と思って。
では、専攻も決まったとなると今度は国ですよね。国に関してはいかがですか?
先輩とか友達がアメリカに留学しているせいもあって、最初からアメリカのイメージが強かったんですよね。

でも、担当カウンセラーさん色ろんな国の学校を見てみてから決めようという事でイギリスとかオーストラリアとかの学校も紹介していただいて条件なども比較した上で、結局オーストラリア2校とアメリカ2校という形で国を跨いで出願しました。

結果、アメリカとオーストラリアと両方合格できたので、最初から希望が強かったアメリカに進学する事に決めました。
結果的にみてオーストラリアとイギリスも見てみてよかったと思われましたか?
そうですね。アメリカとイギリスでは教育制度が違う事や、内容もかなり違いがある事を知った上でやっぱりアメリカのより実践的なプログラムがいいと思ったので比較して選べてよかったですね。
オーストラリアのレベルの高い大学からも合格をもらっているという事をお聞きしましたが、それでもアメリカの大学に進学を決められたのは何か理由があったのでしょうか?
そうなんですよ。オーストラリアの知名度のあるMonash大学にも合格をもらっていたので、迷ったのですが、アメリカが国的に第一希望だった事と、あとMonash大学の条件付合格の英語の条件が高かったので、今の自分の実力を考えて最終的にアメリカに進学する事に決めました。
最初はアメリカを志望されていて最終的にもアメリカに進学という形になった訳ですが、国を跨いで出願した事は良かったと思われますか?
そうですね。やはり英語力が心配だったので条件付合格を広く出しているオーストラリアにも出願する事で安心感はありました。
ここへ来るまでは留学先としてアメリカ以外は考えておられましたか?
アメリカの4年制の大学に通っている友達が多くて、その影響でアメリカって言うイメージが強かったんですが、ここへきて色々見て他の国でも勉強できるという選択肢を知ったので、考えるようになりましたね。
大学院留学を卒業後の進路に決められた最終的にきっかけは何ですか?
最初は教員採用試験を受けようか、大学院に行こうか迷っていたので一応試験の応募をしたり、勉強もしていたんですが父に“今行かんかったらお前はもう行けへんぞ”って言われて“そうだよなー”って思って(笑)行く事に決めました。

今しか出来ないかなぁと思ったので。昔から留学に行きたいと思っていたし、父親も応援してくれているし、こんな行ける環境で行かないのはもったいないかなぁ、、と。
その行こうと思われたときに留学エージェントのサポートは受けようと思われていましたか?
そうですね。ここ以外にも色々エージェントの説明会に参加をしたりしていて、やはり自分だけでは知らないことがありすぎるなと思って、サポートはお願いしたいと考えていました。 なので、説明会を周って情報収集をしたりエージェント選びをしました。
その中で、弊社にお申込みいただいた経緯を教えていただけますか?
自分でもインターネットで探してはいたんですが父も探してくれていてここを勧められたのがきかっけで、その後無料の個別カウンセリングをこちらともう一社伺ったんですが、サポート内容に対しての費用が良心的だったし、初回カウンセリングの時の雰囲気や話しやすい感じが良かったのでこちらにお願いしました。
実際サポートを受けられた感想をお聞かせいただけますか?
全てが初めてだったので、自分一人では分からないところ、特にエッセイや履歴書については、サンプルがあったり作成の際添削、アドバイスがあってほんとに助かりました。

あと出願校が決まるまでは専攻や学校紹介をしてもらうために一週間に一回はカウンセリングをしてもらっていましたね、、、。
今後大学院留学を考えていらっしゃる方に何かメッセージをお願い致します。
私の場合は教職に就きたいって言うのもあると思いますが、一生続けられる仕事なので勉強してから社会に出たいと思って。あと行きたい行きたいって思いながら仕事をするって言うよりは行っちゃえ!みたいな(笑)。

なので行きたいと思われている方はまずはやってみてもいいのかな、、、と。
では、最後に今後の抱負をいただけますか?
そうですね、今回初の海外長期滞在でしかも大学院なので未知な事ばかりなんですが、、、きちんとMasterを終えて形に残して帰って来たいという事ですかね。
>>Topへ

>>大学院留学コンサルティングトップへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト