大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 国別に解説 大学院留学の費用 > アメリカ大学院留学の費用

アメリカ大学院留学の費用

アメリカの大学院は私立、州立が混在していますので、
大学院にかかる費用も学校によって大きく変わってきます。

アメリカの大学院は私立、州立が混在していますので、大学院にかかる費用も学校によって大きく変わってきます。州立で田舎の安い大学院であれば年間の学費、生活費込で200万円を切るところも少なくありませんが、私立の有名大学院になると年間600万円かかるところも数多くあります。ただこういった学校による学費の違いも注意しなければいけませんが、最近では為替レートの変動が大きく起こりますので、為替レートと入学する時期によってかかる費用が大幅に違ってくることも注意が必要です。

ここでは1US$=100円にて計算していますが、皆さんが留学される時期の為替によって留学費用も上下することを覚えておいてください。

  

アメリカの大学院費用(私立)

アメリカの私立大学院にかかる総合費用(学費、滞在費込)は最低年間300万円は見た方が無難でしょう。私立大学院の利点は一クラスの学生数の少なさとスタッフのケアの良さです。

州立大学院にはないきめ細やかな対応が期待できます。また州立大学の中でも、UC系(カリフォルニア大学郡)のようにトップスクールは、学費の高さも私立のトップスクールとそれほど変わらない学校も数多くありますので注意が必要です。

海岸沿いの学校と内陸部の学校を比べると物価の違いも然ることながら、学費、滞在費共に大きな違いが出ることも特徴です。またMBAコースで有名なビジネススクールは卒業までに1千万円程度かかる学校も数多くあることも特記しておきます。

授業料(1年間) $ 15,000 - 30,000
授業料(1年間) $ 10,000 - 15,000
合計 $ 25,000 - 45,000
円建て
¥2,500,000 - ¥4,500,000

アメリカの大学院費用(州立)

アメリカの公立大学院にかかる総合費用(学費、滞在費込)は最低年間200万円は見た方が無難でしょう。私立との差はスタッフのケアが届かないだけで教育水準が落ちることは一切ありません。具体的には1クラスの学生数が増えるだけでなく、留学生が留学生特有の相談(履修科目の相談や学生ビザ、留学生専用学生寮の相談、海外就職について等)を留学生オフィスに相談をしたい場合、事前予約等が必要になる等、教授、スタッフ1人に対しての学生数が私立より多くなるのが特徴です。また校舎やキャンパスも私立の大学院に比べると施設の充実度は少し劣る学校があります。

ただ州立大学の中でもUC系等キャンパスも綺麗で充実した設備の整っている学校もありますので、州立だからといって一概にサポートや設備が私立に劣るわけではありません。

授業料(1年間) $ 5,000 - 15,000
授業料(1年間) $ 6,000 - 10,000
合計 $ 11,000 - 25,000
円建て
¥1,100,000 - ¥2,500,000

アメリカ大学院その他費用

アメリカ大学院留学でその他にかかる費用としては、航空券、教科書代、海外保険、現地でのおこづかいを含めた雑費になります。ただその他費用に関しては非常に個人差があり、1年間で1千万円使う学生から30万円程度でおさえる学生までいますのであくまで参考程度とお考えください。

航空券 ¥70,000 - ¥120,000
海外保険(1年間) ¥100,000 - ¥150,000
教科書代(1年間) ¥80,000 - ¥100,000
雑費(1年間) ¥300,000 - ¥500,000
合計
¥550,000 - ¥870,000



国別に解説 大学院留学の費用

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト