大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 大学院留学 魅力と難易度 > 必要な英語力 > TOEFL/IELTSの重要性

大学院留学に必要な英語力

TOEFL/IELTS必要スコア TOEFL/IELTSの役割 TOEFL/IELTSの重要性

TOEFL or IELTS?、
これは皆さんの留学を成功させるうえで最も重要なファクターです。

ヨーロッパやオセアニアの大学院は IELTS を TOEFL の代わりとして出願が可能です。また昨今では北米でも IELTS で出願可能な学校が増えました。現在では北米のトップスクールもほぼ全て IELTS を受け入れています。

では TOEFL と IELTS どちらが簡単なのでしょう。


TOEFL/IELTSの難易度

私たちは現在行われている TOEFL iBT と IELTS を比べるのであれば間違いなく IELTS の方が難易度は低いと考えます。

理由は、1つは日本人がもれなく苦手としているスピーキングセクションが IELTS の方が格段に簡単だからです。またテスト所要時間もTOEFL に比べると約半分の時間で済みます。これだけ挙げても IELTS の方が難易度は低いと言えるでしょう。

またコンピューター形式のTOEFLに対してIELTSはペーパー方式です、そして極めつけは日本人が最も苦手としているリスニングセクションがIELTSの方が容易であり、TOEFLはそのリスニングセクションがライティング及びスピーキングセクションでも必要と非常にリスニング力重視のテストと言えます。

詳しいテストの相関表は下記をご参考下さい。
http://www.ielts-prep.jp/about/toefl.html


難易度だけでTOEFL or IELTS を決めない

ただ出願校がIELTSを認めていて、簡単だからといって常にIELTSを選ぶほうが得策かというと実はそうでもない場合があります。というのも通常海外大学院の要求スコアは各学校ではなく各コースによって異なります。通常一般的に発表されている TOEFLiBT と IELTS の正しいスコア相関表は以下になります。

IELTS TOEFL iBT TOEFL CBT TOEFL ITP
7.0
100
250
600
6.5
88
230
570
6.0
76
207
540
5.5
68
173
520

ただ海外の大学院で要求するスコアは上記の相関表と異なることが度々起 こります。

とどちらのスコアでも認めてくれますが、そのスコアが上記の相関表と大幅 にずれていることが少なくないのです。なぜそういったことが起こるかとい うと、両者の運営団体が異なるためです。TOEFL はアメリカの非営利テス ト開発機関である Educational Testing Service(ETS)によって開発、運営 されています。一方 IELTS はケンブリッジ大学 ESOL Examinations、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Education Australia が共同で開発、運営し ています。

一方は北米の組織が管理し、一方はイギリスとオーストラリアの組織が管 理しているため、横のつながりが希薄で両スコアの国際基準の相関表がない のが現状です。そのため各大学院が各コース毎に出願者に要求するスコアを 設定、公表しているのです。 下記の例をご覧ください。

イギリスA校:TOEFL100 or IELTS6.5
イギリスB校:TOEFL90 or IELTS6.0
イギリスC校:TOEFL100 or IELTS7.5
アメリカA校:TOEFL80 or IELTS6.5
アメリカB校:TOEFL93 or IELTS7.0
アメリカC校:TOEFL100 or IELTS7.0

以上を確認頂いて分かる通り、難易度を考えた時に正しく必要スコアを設 定している学校はアメリカのC校のみとなります。もちろん上記は一例です が、こういった現象が現在世界の大学院で起こっているのです。

ではIELTS or TOEFLという問題に戻りますが、仮にIELTSのほうが一 般的に難易度が低いと言われているからといって、アメリカA校を出願する 時でも迷わずIELTSのほうがいいと言えるでしょうか?また、イギリスA校 でTOEFLを選ぶことほど効率の悪い方法はありません。

先にも述べたようにどちらのテストを選ぶか、ということが皆さんの大学 院留学が成功するか否かを決定づける非常に重要な要素です。「とりあえず TOEFL対策はじめました」というスタートは、自ら進んでスコア取得の難易 度の高い選択肢を選んでしまうリスクを抱えることになります。また、上記の 例のように国をまたいで学校選びをすれば、有利な条件を見つけられるメリ ットがあることも忘れないでください。


海外大学院学校紹介

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト

関連ページ

-----------------------
大学院留学に必要なテスト対策方法の解説とスクールご案内