大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

大学院留学コンサルティングTOP > セミナー > 2015年9月6日(日)東京国際フォーラム【2016年入学】 フォローアップセミナー

過去に開催された大学院留学セミナーの模様

2015年9月6日(日)東京国際フォーラム
【2016年入学】 大学院留学フォローアップセミナー  
第一部 出願対策セミナー / 第二部 出願書類作成セミナー 
【2016年入学】 大学院留学フォローアップセミナー
場所: 東京国際フォーラム 
会場: ガラス棟4階
日付: 2015年9月6日(日)
時間: 第一部:14:20〜15:30 第二部15:40〜17:00
参加費: 無料
担当スタッフ:  5名
参加者: 計78名
セミナー担当者より:
弊社では常に大学院留学に関する、制限や偏りのないフラットな情報提供 を心掛けておりますため、弊社主催のセミナーは、セミナー内容、会場予約、各種備品、告知等全て弊社管理で行っており、数名留学経験者を招いて行うパネルディスカッションや、いくつかの海外の学校を招いて行う留学フェアなどの形態をとっておりません

一部の留学経験者の主観的意見や、限定された学校の紹介等を行うことによっておきる情報の偏りや制限を極力避けるため、できるだけ客観的でフラットな情報提供をさせて頂きたく 、会場や告知等の費用は全て弊社負担で開催させて頂いております。

特に今回は海外の名門大学院から合格を勝ち取るための出願対策セミナーですので、弊社の10年以上に続く大学院留学専門のコンサルティング業務の中でも、特に見事海外の名門大学院へ合格されたクライアント様の実績を元に、セミナー内容をオルガナイズし情報提供をさせて頂いております

なお会場費用等全て弊社にて負担しておりますため、ご参加者の人数制限をさせて頂いております。そのため毎回ご予約人数に限りがあり、ご参加希望を頂いたにも関わらずご参加頂くことができない方が数多くいらっしゃいます。この場をかりてお詫び申し上げます。

■当日のご参加者について■

当日は女性が7割と2月のスタートアップセミナーに続き女性が多い印象ですが、年齢的には社会人の方が圧倒的に多く、今年は新卒の就職活動が8月解禁の初年度ということもあり、大学生のご参加者は例年に比べると非常に少ない印象でした。

ご希望の専攻別には、理系の方が3〜4割と比較的多く、ご希望の留学先(国)は相変わらず米国が圧倒的に多く、次に英国という順番です。ただカナダの人気が最近増してきたこと、そして北欧やフランス、スペインといった欧州の大学院への進学をご希望される方が増えてきた印象です。

そのため今回は、英語圏に加え、ヨーロッパ、アジアへの大学院留学に関する情報もご提供させて頂きました。

■2015.9/6開催 大学院留学セミナー(ダイジェスト版)公開中■

2015年9月6日(日)開催大学院留学セミナーダイジェスト(約70分)
→ 完全版(約2時間30分)ウェブ視聴ご希望の方はこちら
※只今期間限定で再公開しております(公開は2016年8月27日までの予定です)。



■2015.9/6大学院留学セミナー(完全版)のご視聴方法について■
当日開催されたセミナーを全てウェブ視聴できるシステムを整備しております。なお、こちらは2時間を超えるセミナーのため、弊社サーバー管理にて提供しております。そのためサーバー負担を考慮し、セミナーウェブ視聴に関しましては完全ご予約制とさせて頂いております。
→2015. 9月6日(日)開催大学院留学セミナーウェブ視聴予約フォーム

■セミナー当日の模様■
第一部:14時30分〜15時30分

世界大学ランキング100位以内に合格するための、
■(大学院留学)戦略的出願対策セミナー■

今回のフォローアップセミナーは、2014年度に開催した「英語力に自信がない方を対象としたセミナー」の内容を一新し、出願対策にフォーカスを致しました。

2015年9月開催ということで、2016年入学者のほとんど方が具体的に出願対策を進めていらっしゃる頃かと思います。そこで、今回のセミナーは2016年入学ご希望者を対象に、出願方法や出願書類、出願書類の作成方法、そして出願までの戦略的スケジュールと、具体的な出願対策についてのセミナーを開催致しました。

なお、第一部と致しましては、まず海外大学院の合否を決めるファクターについて、審査官の立場に立って考え、海外のトップスクールがどういった人材を求めているのか、という点についてフォーカスし、解説を致しました。

その後具体的に各出願書類の解説を行い、最後に出願までの戦略的スケジュールについて解説致しました。


第二部:15時40分〜16時30分
世界大学ランキング100位以内に合格するための、
■ (大学院留学)戦略的出願対策セミナー■

第一部では海外大学院の出願方法から出願書類、そして出願スケジュールと比較的に基礎的な解説を行いましたが、第二部では具体的にそれら合否を左右する出願書類の作成方法について解説致しました。

海外大学院は入試がありません。そのため別途提出する各テストスコアと、出願書類で合否が決まります。まずはその出願に絶対に必要となる各テスト、そして各出願書類の役割と提出方法について解説致しました。

その後、英文履歴書、エッセイ(志望動機書)、そして英文推薦状の具体的な作成方法について解説致しました。

海外大学院の出願書類として求められる英文履歴書は、日本版の履歴書のような、職務経歴書ではありません。また、エッセイも通常トップスクールは非常に複雑な課題を課しており、昨今では推薦状も出願ごとにフォーマットや提出方法が異なります。

そういった皆さんが通常馴染みのない英語での自己PRの方法も含め、各出願校に合わせた効果的且つ戦略的な出願方法の作成方法について解説致しました。

ケーススタディ(名門校合格者のケース紹介):
16時40分〜17時00分

最後に弊社のクライアント様の中でも、特に世界大学ランキングトップ100校以内に見事合格された方のケースについてできるだけ多く紹介させて頂きました。

ケースについては、クライアント様の準備開始時期と出願時のバックグラウンド(各テストスコアやGPA、職業経験など)、そして準備開始から合格されるまでのスケジュールを具体的に紹介させて頂きました。

海外の大学院が要求するテストスコアや各出願書類は、皆さんが希望される学校や専攻、そして皆さんの現在のバックグラウンドによって大きく異なります。そのため是非数多くのケースをご確認、及びご参考頂き、皆さんの目標スコアや出願スケジュール作成にご活用頂ければと思います。


セミナーを終えて:
弊社では、東京国際フォーラムにて開催する各種セミナー、ウェブセミナー、また大学院留学の情報提供を目的とした各種ホームページ、書店で販売中の大学院留学に関する書籍等では、海外大学院進学を目指す皆様を対象に、できるだけ公平でフラットな情報を無料でお届けしたいと考えております。結果、日本で大学院留学を目指す方の底上げができればと思っております。

そのため、各種セミナーでは弊社が提供しておりますサポートプログラムについての解説は割愛させて頂いております。各種HPやセミナー等ご参考頂き、サポートが費用な方は下記ご参照頂けますと幸いです。
→大学院留学トータルサポートプログラムについて
2015年9月6日(日)の大学院留学セミナー(完全版)をウェブ視聴する。


 

>>Topへ

大学院留学サポートのご案内

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト