大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 国別に解説 大学院留学の特徴 > イギリス大学院留学の特徴 > イギリス大学院留学準備コース

イギリス大学院留学準備コース

イギリス大学院留学イメージイギリスの大学院には、留学生のために整備された大学院留学準備コースを多くの大学院で開講しています。特徴は、英語力が足りない留学生に対して英語コース+専門知識を補うコースと、大学院に直接入学するための専門知識が足りない留学生向けに整備された準備コースとがあります。 どちらのコースを選択するかは、現在貴方が大学院留学をする際何が足りないのか、ということに依存します。

イギリス大学院留学イメージイギリス大学院留学を目指す方で英語力が足りない方は、まず大学院準備コースを検討されることをお勧めします。大学院準備コースは様々な大学院で開講されており、それぞれコース名が異なります。また、大学と大学院準備コースが合同で開講されていたり、専門性の絞られた準備コースなど、特徴もそれぞれの大学院によって様々です。将来大学院で専攻したい内容や、現在の英語力など考慮し詳しく検討する必要があります。下記に主な大学院準備コースをまとめておきます。

 

1. University of London, SOAS / ロンドン大学 SOAS校

Foundation Diploma for Postgrasuate Studies
大学院準備コース


専攻:
Studies in European Society / ヨーロッパ社会学
Comparative Studies in Culture / 比較文学
Studies in Media and Communication / メディアコミニケーション学
Introduction to International Relations / 国際関係基礎学
International Business Studies / 国際ビジネス
Issues in International Development Studies / 国際開発学

特徴:
ロンドン市内の学校で、寮も完備されている。この大学院留学準備コースでは、ネイティブと一緒に学部の授業を半分受講する。その際の専攻は希望のものを2つ選ぶことができる。希望の専攻を選ぶことができ、国際関係、開発学、また国際ビジネスなど留学生に人気のある学位に特に重点を当てたプログラムになっている。キャンパスはほとんどなく、ビルの中で授業を受けるという感じ。ロケーションは大英博物館の真裏に位置している


2. University of London, Loyal Holloway / ロンドン大学 ロイヤルホロウェイ校

The International Bridging Diploma for Graduate Studies
大学院留学生準備コース


専攻:
特に専攻は決められていない、本校の大学で開講されている学位からバックグランドに合わせて自由に選ぶことができる。その際、大学で履修したクラスなどを考慮して、履修できるクラス、できないクラスなどをアカデミックアドバイザーなどと話し合ってきめていく。

特徴:
ロンドン大学の中でも郊外に位置している。緑豊かな広大なキャンパスを誇り、学生寮もキャンパス内に設備されている。ロンドンまでは一時間程度で出ることができる。授業は、基本的にはネイティブと一緒に学部の授業を受講でき、どの分野の授業でも受講できます。あまりにも大学の時の専攻とかけ離れていると履修できないクラスもあるので注意が必要。入学条件も最低TOEFL173点あれば付属の英語学校で勉強をすることを条件に入学を許可してもらえる。


3. Universitu of London, King's College / ロンドン大学 キングスカレッジ校

Preparatory Diploma in English Language and Academic Studies
英語及びアカデミックスタディーズ準備コース


専攻:
Business Studies / ビジネス
Film Studies / フィルム(映画)
20th Century History and International Relations / 20世紀の歴史と国際関係
Law / 法律
Principles and Practices in Language Teaching / 言語教授法
Psychology / 心理学

特徴:
ロンドン市内中心地に位置している。学部生の準備コースと、大学院進学準備コースの学生が一緒に授業を受けるので、英語コースの難易度は他のコースほど高くない。大学院準備コースを開講している学校の中で、法律、教育、心理学、フィルム、などの専攻を持っている学校は非常に珍しい。学校はロンドン市内に校舎が点在している。


4. University of East Anglia / イーストアングリア大学

Graduate Diploma in Development Studies with English Language
英語+国際開発学準備コース
Graduate Diploma in International Relations with English Language
英語+国際関係学準備コース


専攻:
International Development Studies / 国際開発学
International Relations Studies / 国際関係学

特徴:
ロンドンから2時間近く離れた郊外に位置する。他のコースと違い、英語学校や留学生オフィスが開講してわけではなく、国際開発学部と国際関係学部がそれぞれ直接開講しているので、専門分野のレベルが非常に高い。国際関係、国際開発を目指す学生には非常にお勧めの学校。専攻はこの2つしかなく、それぞれ学部の授業をネイティブと一緒に受講することになる。英語力がある学生には、+英語コースを省いたDiplomaコースもある。

University of Hertfordshire / ハートフォードシャー大学

International Bridging Programme for Postgraduate Study
大学院留学生準備コース


専攻:
MBA (Master of Business Administration) / 経営学修士号
Computer Science / コンピューター科学
Information Systems / 情報科学
Electronic Engineering / 電気工学
LLM International Law / 法律学
Management (Business) / 管理学(ビジネス)

特徴:
大学院の授業を直接ネイティブと一緒に受講できることが特徴。この大学院で開講されている科目であれば大学の授業を受けることで大学院進学の準備をする。他半分は英語の授業。コンピュータや電気工学といった理系の分野で大学院留学準備コースを開講している大学は非常に限られているので、理系の大学院進学を目指す方にはお勧めの学校。ロンドンまでも2〜3時間程度で出ることができる。

国別に解説 大学院留学の特徴

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト