大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 国別に解説 大学院留学の特徴 > イギリス大学院留学の特徴

イギリス大学院留学の特徴とスケジュール

イギリス大学院の特徴は、
一年間で修士号が取得でき、留学生に条件付き合格を提供していることです 。

イギリス大学院留学イメージイギリスはアメリカと大きく異なり、履修クラス、卒業までの期間、全て入学と同時にほとんど決まっています。通常入学から卒業までコースの学生もほとんど変わりませんので、1年間同じ学生で進んでいくことになります。
また1年間という短い期間で修士号を取得しますので、通常コースの一部となっていない場合はインターンシップを行うことは難しいですし、アメリカと異なり長い夏季休暇等もありません。

またイギリスの大学院は、一昔前とは大きく異なり、最近では留学生に広く門戸を開いています。条件付き合格を提供しているうえ、各大学が大学院留学生用に「大学院留学生準備コース」を開校しています。また、ロンドン大学系やオールドスクールでもこの準備コースは開校されているので、新卒や英語力の足りない方でもトップスクールを狙えるのがイギリス大学院の特徴です。

  

特徴1. 卒業までの年間スケジュール

イギリス大学院の特徴はアメリカと対比すると分かり易いのですが、期間は1年間で完全な進級制度を取り入れていますので、2学期目で選べる選択科目以外は卒業までの期間や履修クラスを調整する自由がほとんどありません。また長い休み等もありませんので、インターンシップ等を行うことは通常できません。短期間で修士号を取得したい方向きの留学先です。
□卒業までの詳しいスケジュール>>


特徴2. 大学院留学生準備コース(Pre-Master)が開講

イギリスへの大学院進学を希望している留学生にとって非常に有意義なコースとして、Pre-Master というコースが開講しています。このコースは留学生が大学院へ進学するための準備コースとして開講しています。そのためコースの内容としては半分以上が英語対策コースとなり、通常大学院ではなく、付属の英語学校で開講しています。

ただ通常の語学コースと異なるのは、英語対策コース以外に大学院で学ぶ予定の専門分野に関した基礎知識を同時に学ぶことができることです。そのため英語力が上がらず、大学院へ入学できない方は Pre-Master コースで英語+学術的準備クラスを履修し、大学院の準備をすることが可能です。通常期間は9ヶ月程度になります。

ただ Pre-Master コースで1つ注意しなければいけないことは、このコースを卒業したからといって大学院への入学が保証される、また大学時代と異なった専攻へ進学できる、ということは(一部の例外を除き)ありません。そのためあくまで英語力向上を主な目的としており、上記の PostgraduateDiploma, Postgraduate Certificate とは異なりますので区別する必要があります。
□大学院留学生準備コース紹介>>


特徴3. 条件付き合格を幅広く提供

意外と知られていませんが、イギリスの大学院ではほぼ全ての学校で条件付合格を提供しています。つまり英語のスコア( IELTS、TOEFL )を入学までに提出することを条件に合格を認めてくれる制度です。この制度は英語力に自信のない方には非常に有効な制度で、まずは英語のスコア以外で出願し、条件付合格取得後に渡英して学校付属の英語学校で入学まで勉強することが可能です。


特徴4. 通常期間は1年間で卒業時に修士論文が必修

イギリスの大学、大学院はほぼ全ての学校が国立で運営されています。そのためアメリカや日本のように大学間での教育レベルに大きな差がありません。大学教授もいくつかの学校で教鞭をとっていることもありますし、生徒の評価等も学校をまたいで行われることも多々あり、学校間のレベルの違いをなくすよう努力が行われています。また国立大学が多い為、街の中心地や近郊に学校が集中していますので、生活環境の苦労はないと思います。

特徴5. ほぼ全ての大学院が国立

イギリスの大学、大学院はほぼ全ての学校が国立で運営されています。そのためアメリカや日本のように大学間での教育レベルに大きな差がありません。大学教授もいくつかの学校で教鞭をとっていることもありますし、生徒の評価等も学校をまたいで行われることも多々あり、学校間のレベルの違いをなくすよう努力が行われています。また国立大学が多い為、街の中心地や近郊に学校が集中していますので、生活環境の苦労はないと思います。

特徴6. 日本の大学院と異なりコースワークが中心

イギリスもアメリカの大学院同様リサーチ主体のコースではなく、卒業までに必要なクラスを履修して卒業するコースワークが主体になります。イギリスも選択科目を通常選ぶことはできますが、アメリカほど幅広い選択肢はなく、通常同学部内のクラスの中で選ぶことになります。

国別に解説 大学院留学の特徴

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト