大学院留学専門サポート機関 大学院留学コンサルティング

  • Youtube
  • Facebook
  • 出版物のご案内
  • 表参道カウンセリングルームのご案内
  • 会社概要
  • 大学院留学セミナー予約
  • 新規カウンセリング予約
大学院留学コンサルティングTOP > 国別に解説 大学院留学の特徴 > 北欧大学院留学の特徴

北欧大学院留学の特徴とスケジュール

北欧の大学院の特徴は、
北欧ならではのコースを英語で履修することができることです。

イギリス大学院留学イメージ北欧の大学院留学を検討する際、現在最も人気のある留学先として挙げられるのがスウェーデン、ノルウェー、デンマークです。こういった北欧の大学院は環境、福祉大国として環境が恵まれていることもあり昨今では大学院留学先として注目を集めるようになりました。また北欧の大学院は授業料が無料という言葉をよく耳にしますが、昨今では少々事情が変わってきています。

  

特徴1. 卒業までの年間スケジュール

北欧というと北ヨーロッパを指し、フィンランドやアイスランド、更にはグリーンランドまで含むと考えている方が多いようですが、ここでは留学先として特に人気のあるスカンディナヴィア諸国(スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク)に絞り紹介したいと思います。

北欧の大学院は通常2年間で修士号を取得することが可能ですが、専門コースや留学生用コース等では1年〜3年間と様々なコースが開講されています。


【一年目】
秋学期(Fall Semester) 冬期休暇(Winter Break) 春学期(Spring Semester)
9月(入学)〜12月 1月 2月〜5月
基礎科目 冬休み 専門科目

【二年目】
夏季休暇(Summer Break) 秋学期(Fall Semester) 春学期(Spring Semester)
6月〜8月 9月〜 12月 2月〜 6月(卒業)
夏休み(インターンシップ) 専門科目(ゼミ等) 専門科目→卒業

特徴2. 北欧の大学は全て授業料無料?

北欧の大学及び大学院は全て授業料が無料という話をよく耳にしますが、現在では留学生の増加により現状が変化しています。もともと北欧の大学はそのほとんどが王立または国立大学で、授業料に関しては原則政府が負担していました。

以前は留学生も例外ではなかったのですが、現在EU加盟国以外からの留学生に対して授業料が原則無料なのはノルウェーだけで、ノルウェーも専門教育プログラム、高度で特殊な教育プログラム、またはいくつかの私立教育機関での研究については、学費がかかることがあります。一方スウェーデンは2011年度入学生からEU加盟国以外からの学生には授業料が課せられますし、デンマークは一足早くEU加盟国以外の国からの留学生には授業料を課す法律が制定されています。

※2015年4月更新
現在北欧三カ国の中でも、スウェーデンを除くノルウェイ、デンマークの国立、または王立大学は原則授業料無料となっています。これは留学生も例外ではなく、EU圏外の学生も全て無料でコースを履修することができます。ただ昨今ヨーロッパや北欧の大学院は非常に変革期を迎えており、頻繁に様々なレギュレーションが変更、または更新されます。そのため、進学先を決定する前にしっかりと確認することが重要です。


特徴3. 留学生には政府が奨学金を提供

EU加盟国以外からの留学生に授業料を課すことになった背景には、授業料が無料ということで留学してくる学生が近年大幅に増加したことが挙げられます。ただデンマークでは授業料を課す代わりに、デンマーク政府が留学生を対象にした奨学金制度を制定しています。これはデンマーク大使館で最新情報を取得することが可能です。またスウェーデンでも同様に政府が奨学金制度を提供しています。


特徴4. 北北欧の大学院では幅広く英語のコースが開講

北欧の大学院を目指す際、最初に決めなければならないことは、現地の言語を習得し現地学生と同じコースに進学するか、英語のみで授業を開講しているコースに進学するかということです。

北欧の大学院では全て英語で履修可能なコースを幅広く開講しています。特に北欧で人気のコースである、建築デザイン、家具デザイン、環境、社会福祉等のコースは留学生を対象とした全て英語で履修できるコースが幅広く開講しています。もちろんこういったコースは英語力の証明ができれば出願することが可能です。



国別に解説 大学院留学の特徴

大学院留学を個人で成功させるための情報サイト